がんを撲滅するバイオテクノロジー

超早期がんも検出 「プロテオⓇ」

  • HOME »
  • 超早期がんも検出 「プロテオⓇ」

prote

がん検査 【ProteoⓇ】
inspect01

inspect01

プロテオⓇ超早期がんリスク検査とは、ステージ0 から『がん』を検出できる画期的な新技術として、NHKをはじめ多くのメディアでセンセーショナルに特集され、世界からの注目を集める『超早期がんリスク検査』です。

対象となるのは、肺がん、乳がん、胃がん、肝がん、大腸がん、舌がん、甲状腺がん、腎臓がん、前立腺がん、子宮がん、卵巣がんなどの固形がんで、体内にがんが発生した場合に血液中に微量溶け出すがん関連物質を、新型バイオチップであるプロテオⓇを用いて測定・数値化し、がんのリスクをA(リスク低)・B(要観察)・C(リスク高)の三段階に分類・判定します。

検査に用いる血液は30マイクロリットルとごく微量で、食事等の影響も受けないため、身体的な負担も軽く、安全な検査方法です。

がん早期発見のツールとしてのみならず、進行リスク、再発・転移リスク、治療効果のリスクなどにも有用な検査として、お役立て頂けます。




【プロテオⓇ】の特徴
q_crystals

がん関連物質:DNAを含むタンパク複合体(ヌクレオソーム推定)はプロテオⓇチップに形成された新規物質、過酸化銀メソ結晶と反応し吸着されます。
これを蛍光顕微鏡で見る事で、超早期、ステージ0 のがんまでも検出する事が可能となり1回の検査で、複数のがんの識別・検査が可能です。
良性腫瘍と悪性腫瘍の識別は非常に難しく、高感度・高特異度の検査方法が求められています。
血中遊離がん関連物質の結晶はアポトーシスに関連する細胞由来の物質のため、良性疾患(がんになっていない人)や良性腫瘍には含まれる量は少なく、がんには特異的に多く含まれる特徴があります。
良性疾患や良性腫瘍と比べて悪性腫瘍では蛍光が多く見られます。




メディアでも話題沸騰

2015年6月18日放送 テレビ朝日 【 モーニングバード】
2015年6月18日放送 関西テレビ 【 ゆうがたLIVE ワンダー】
2015年6月18日放送 フジテレビ 【特ダネ】
2015年6月18日放送 テレビ朝日 【グットモーニング】
2015年6月19日放送 フジテレビ 【 直撃LIVE グッディ!】
2015年6月25日放送 毎日放送 【 ちちんぷいぷい】
2015年7月14日放送 テレビ朝日 【 モーニングバード】
2015年7月21日放送 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
2015年9月11日放送 BSフジ【革新のイズム】
2015年9月12日放送 関西放送【胸いっぱいサミット】
2016年1月10日放送 HNK  【 サキどり 】
2016年2月11日放送 HNK 【ニュース シブ5時】
2016年3月25日放送 よみうりテレビ【かんさい情報ネットten.】
2016年4月17日放送 TBS 【ワザビト】
週刊文春、週刊新潮その他多数の雑誌掲載
今後も地上波などで特集番組が予定されています。


※用語解説

■酸化銀メソ結晶薄膜(3次元自己組織化結晶)
過酸化銀のナノ結晶薄膜で正電荷のがん関連物質が特異的に結合する。

Copyright © バイオテクノロジーのマイテック All Rights Reserved.