2019年9月11日、ザ・ペニンシュラ東京にてPROTEO🄬によるリキッドバイオプシー技術完成のプレス発表を行いました。 

有限会社マイテック神戸研究所は、新たに開発した検査方法を用いてリキッドバイオプシーによる「健常者、良性腫瘍、悪性腫瘍」の識別を正確にできる技術を確立しました。

血液1滴から「がん関連物質」を定量的に検出できるリキッドバイオプシー技術が完成すれば「がんリスクスクリーニング・がん超早期診断・再発判定・転移判定・治療効果判定」などのモニタリングが可能となり、医療格差を無くす世界的な医療革命を起こすと期待されており、世界中で熾烈な研究開発が行われています。

新たに完成した技術は「 Proteo®」バイオチップを特定の2波長で測定・数値化して、その数値の比を算出する事で、健常者と良性腫瘍と悪性腫瘍の識別が可能となりました。今後は、血液により「がん」を診断するリキッドバイオプシーの実用化を進めていき、また検体数やがん種を増やして、血液がんなどの他のがん種の良性腫瘍・悪性腫瘍のライブラリー化も進めていく予定です。さらに、がん以外の免疫疾患にも応用が可能ですので、アルツハイマーをはじめ、他の多くの病期を発見できるライブラリー化も進めてまいります。

 

 

プレス発表資料

http://urx.cloud/SYGf